癖の変化

━ 接客の壺 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2016/04/01号 ━

             接客の勘どころ

━━━━━━━━━http://www.monitayu.co.jp/ ━━━━━━━━━

 ●正解はたくさんある。たくさんある正解の中から、
    その時々で何を選択するか。そこに接客の醍醐味がある●

≫≫≫ INFORMATION ≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪

 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

                            接客の壺 気づきのエッセイ  

                    ■ グッとくる人  ~ 社内接客 総合編 ~ ■
      
                      日ごろ厳しい態度で接する人が、
                          一度も「ありがとう」なんて・・・・・・

                                       内容はコチラ
                               ▼  ▼  ▼  ▼  ▼
http://www.monitayu.co.jp/tsubo/essay/51office2/2_guttokuru.htm

 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫ INFORMATION END ≪≪≪

────────────────────────────────
■癖の変化
────────────────────────────────

 こんにちは。筒木です。

 今回から「見直し接客」ということで、時々ですが、配信をしていき 
 たいと思います。

 第1回目のテーマは、

 「自身を観察して悪い癖や習慣を一つずつ直していきましょう」

です。 

 さてお客様を観察してみましょう。(観察と言ってもお客様の目をダイ
 レクトに見ることはよくありません)。

 何か不満でもありそうなブスッとした表情で買い物をしているお客様。
 にこにこしているお客様。
 販売員が近づくと、さっとその場を逃げてしまうお客様。
 
 このように、お客様を観察すると、お客様の表情・態度から気持ちが読
 み取れるような感じがしませんか。

 ではお客様の側から見てみましょう。
 お客様も接客者の表情・態度をよく見ています。

 無表情で客を見ていて、きつい感じがする接客者。
 にこにこしていて感じが良い接客者。
 私語をしている接客者たち。

 接客者自身が、お客様の視点で自分の問題点に気づける場合は常に訂正を
 していくことができますが、気づいていない場合は、お客様に感じが悪い
 と思わせてしまうことをし続けることになります。

 お客様に、「私の問題点は何ですか」と聞けたら良いのかもしれませんが、
 なかなかそうはいきません。

 となると、一緒に働く仲間に、自分の問題点を指摘してもらうほうが、ま
 だ聞き出すことができるでしょう。

 ですがどこまで本音で行ってもらえるかどうかはわかりません。
 また、問題点を指摘するほど問題点を感じていない場合、指摘されること
 もないでしょう。

 となると、なかなか自分の問題点に気づけないことになります。

 ではどうしたら良いでしょう。

 他の人に頼るのではなく、自身で気づけるようにするのが、一番手っ取り
 ばやいと言えるかもしれません。

 気づける一つの方法が、自分が客の時、嫌だと思った点を、自分の言動に
 置き換えてみることです。
 
 例えば自分が客としてどこかの店に行った時、私語をしている接客者を見
 たとします。感じが悪いと思ったら、自分はそのようなことをしないよう
 にします。
 「人の振り見て我が振り直せ」です。

 客の視点に立ち、他の接客者の言動を意識することで、自身の改善が始ま
 っていきます。
 このことは、仕事をより面白く、やりがいのあるものにすることでもある
 ように思います。


 では次回、お会いしましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 心温まるお店
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 感じが良い店と思うか、感じが良くないと思うか、
 人によって感覚が違います。

 その店に行くと、
 優しい気持ち、温かい気持ちになれる。ホッとする、素直になれる。
 そんなお店やそんな方との出会いが、もっともっと増えるといいナ。


▼ご投稿いただいたエピソードご紹介 ……………………………………

 ● ミッツ ヨッツ  さん より

良くいくスーパーは、セールで混むある特定の曜日のみ駐車場に
警備員さんが常駐しています。

原付バイクを駐輪所に置き、買い物を済ませて出て行こうとした
ときのことです。
警備員さんが近づいてきて言いました。「バイクをきれいにとめて
いただいて、ありがとうございます」

店に入る前、他の自転車が止められるようにと、少し詰めて置いた
のに気づいてくれたのでしょう。

さらにその方の脇を通る際、
「寒いのでお気をつけてお帰り下さい」と会釈して見送ってくれ
ました。
なんだか嬉しい気持ちで、帰途につきました。


       ご投稿、ありがとうございました。(^^♪

……………………………………………………………………………………
 ブログ『接客の壺 心温まるお店』は、
 皆様からのいただいた心温まるエピソードをご紹介しています。
  ⇒http://mataikitakunarumise.blog36.fc2.com/
 
 ご投稿をお待ちしております
  ⇒https://monitayu6144.sslserve.jp/foam/tsubo_shop.htm
……………………………………………………………………………………
スポンサーサイト
【2016/04/02 09:00】 | ○でもなく□でもなく | コメント(0) | page top↑
<<初歩は必要な知識 | ホーム | 明るい女性営業担当者>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |