FC2ブログ
「温かい心」をどう受け取るか
 ◆◇ 「タオル、使いますか」 ---------------------------
 
  昨日、スーパーの中にある化粧室内にいると、若い女性(10代の
  後半?)が入ってきました。
  お化粧をバンバンしていて、洋服もチャラチャラしている印象です。

  こちらとしては、少々恐い印象を受けたので、手を洗って、サッサと
  お化粧室から出て行こうと思いました。

  手を洗った後、乾燥機のところに行きかけると、その女性が、

  「タオル、使います?」

  と手に持っていたタオルを差し出したのです。
  思わず、

  「え、あ、ありがとう。」

  と言って、そのタオルを借り、再度

  「ありがとう。やさしいね~。」

  と、訳のわからない声掛けをしてその女性の顔を見ました。

  満面に笑顔を浮かべて、とても優しい表情をこちらに向けてくれて
  いました。

  この件で感じたこと。
  人は、見かけで判断してはいけないということ。
  わかっていても、どうしても表面で評価してしまう。
  あの笑顔を見た時、人柄の良さを感じました。

  次に、感じたこと。
  何気なく「ありがとう」と言ってタオルを使いましたが、こういう場面の
  時、使うことを拒否される方もあるのではないでしょうか。

  逆を考えれば、タオルを見も知らぬ人に貸すかどうか。
  例えば、相手の手に病原菌が付いていて、タオルを介して
  菌が移る。そんな危険なことをするぐらいなら、タオルは
  貸さないほうが無難。
  ということは、借りる時も、ひょっとして、そのタオルに菌が
  付いていたとしたら、移ってしまうかもしれない。
  借りないほうが無難ということになります。

  ということは、人に貸すことも、人から借りることも、どちらも
  したくないという人も多いのではないでしょうか。
  (もちろん、知り合いであれば話は別ですが)。

  ではあの女性は、なぜ貸してくれたのでしょう。

  菌を移そうと思ったわけでありません。現に、今もって
  病気になっているわけではないのですから。
  
  たぶん、自分がタオルを持っていたので、乾燥機を使うのであれば、
  このタオルを貸すと、相手が喜ぶのではないかと、単純に親切心で
  言ったのではないかと思うのです。

  親切な行為に対してどう受け取るか。
  このようことを考えてしまうのも、何だか寂しい感じがします。

  これと似ていること(?)が、1ヶ月ほど前にありました。

  地下鉄の乗車券売場でのこと。
  トレーニングウエアを来た女子高生が、

  「これ使います? いらなくなったので。」

  と声を掛けてくれました。
  その時、瞬時に

  「あ、いいです。」

  と断ってしまいました。

  なぜかというと、最初に頭に浮かんだのが「怪しい」
  「何か変」ということだったからです。

  そんなことで時間を割くくらいなら、詳しい事情を聞かずに
  断ったほうが良いと判断したのです。

  でも、その後考えると、その高校生は、親切心で
  言ってくれたのではないかと思うのです。 
  はっきりとはしないのですが、どうも一日乗車券を
  譲ってくれようとしていたようです。

  ですが無表情で、

  「あ、いいです。」

  と断ってしまったのです。嫌な気分になったことでしょう。

  見知らぬ人から声を掛けられると、まず「疑う」という気持ちが
  出てきます。
  
  相手の親切にどう応えたらいいか、考えさせられる出来事でした。
                            2006.12.29
スポンサーサイト
【2008/09/08 15:28】 | 接客心理学 ~バックナンバー~ | コメント(0) | page top↑
<<これって接客?? | ホーム | 改めて思ったこと。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |