FC2ブログ
礼儀正しい横断者
 ◆◇ 礼儀正しい横断者  ------------------------------------

 腰が少し曲がった、年齢にすると、70歳代の前半、または後半でしょうか。
 年配の女性とバスで隣同士になった。

 約1時間少しの間、その女性の話をうかがった。

 「先日、とっても良い場面に出くわしたのです。」
 「へ~、どんな場面だったのですか。」

 「車を運転していて、6~7人の小学生が道を横断しようとしていたので、
 止まったのです。そうすると、その集団の先頭にいた上級生でしょうか、
 こちらに頭をぺこんと下げて、横断を開始。その後に続く小さな小学生も
 ササッと足早に渡りはじめました。待っているこちらに対して、気を使った
 のでしょう。
 そして、一番最後の、やはり上級生でしょうか。私のほうに向いて、ペコッと
 頭を下げたのです。この光景に、私は感動しました。」

 「へ~、すごいですね。渡り始める時に頭をペコンと下げることはあっても、
 最後もまた頭を下げるということは、なかなかありませんね」

 「またね、今日のことなんですが、地下鉄に乗ったら、パソコンをしていた
 20歳代ぐらいでしょうか、男性がパソコンを持ったまま立ち上げり、どうぞ
 と言って席を譲ってくれたのです。これまた感動しました。

 最近の若い人はマナーが出来ていない、なんていう人がいますが、
 決してそうではないと思います。歳をとった者も、席を譲るのが当たり前、と
 思わず、謙虚でないといけないとつくづく思いました。」

 「良いお話、ありがとうございます。失礼ですが、今日は、会合に
  出席して来たとおっしゃっていましたが」

 「ええ、そうなんです」

 「どのような会なのですか」

 「ボランティアです。食に関する仕事を頼まれて行っています。
  学校などにも行って、調理実習を行ったりしています」

 「へ~。調理実習を」

 「先日ね。ある小学校で、面白いことがあったの。」

 「どんなことですか」

 「小学生が、自分たちが作った人参なので、皮は剥きたくないです。
  このまま、活用しても良いか、て聞いてきたのです」

 「それもすごい話ですね。人参の皮や端の部分は、取るものと思って
 いる人が多い中で。無意識に剥いちゃいますね。消毒剤が付いている
 のではないかと思っているので。」

 「小学校の場合は、自分たちで作るので、消毒剤などは使わないのよね。
 自分たちの作った野菜は、最後まできちんと食べたい、というのです。
 それも「もったいないので、みんな食べたい。」と。

 バスの中で、いろいろな話を伺った。

 もう二度と、この方に会うことはないだろう。
 だが、最近の中で、私にとっては一番の素敵な話だった。
 マナーとは何ぞや、物を大切にすることとは何ぞや。
 心の温まる話を聞くことが出来た。
                               2006.11.23
スポンサーサイト
【2008/08/04 09:33】 | 接客心理学 ~バックナンバー~ | コメント(0) | page top↑
<<まだ全然若くみえますよ! | ホーム | 顔が整っていなくて、ごめんなさいね。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |